突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

突発性難聴に悩む人の対処マニュアル » 難聴に関するコラム » 骨伝導イヤホンは難聴者でも聞こえる?

骨伝導イヤホンは難聴者でも聞こえる?

イヤホンを装着して大音量で音楽を聞き続けることで耳の細胞が損傷し、難聴に繋がると言われています。このページでは骨伝導イヤホンがどのようなメカニズムを辿って音を感じ取ることができるのか、突発性難聴にも適しているのかを紹介していきます。

骨伝導イヤホンは突発性難聴への効果はある?

従来のイヤホンの仕組み

一般的なイヤホンは音による空気の振動を外耳・中耳を伝って音を感じ取り、情報を脳に送る器官である内耳に伝わることで音を認識します。そのため、外耳や中耳に疾患がある伝音性難聴の場合は、通常のイヤホンは使用できません。

※伝音性難聴…音が伝わっていく過程の外耳・中耳に障害が生じたために引きおこる難聴。耳を塞いだような聞こえ方になってしまう症状。

骨伝導イヤホンの仕組み

骨伝導イヤホンは外耳・内耳を通らずに、頭蓋骨を振動させることで内耳まで音を伝えることができます。そのため、伝音性難聴の方でも音を聞き取ることができるのです。一方で内耳の障害によって音の信号を脳まで伝えられない「感音性難聴」の場合、骨伝導イヤホンを使用しても音を聞き取ることはできません。

※感音性難聴…音の情報を脳に送る内耳や、その器官に障害が生じて起こる難聴。「大きな音が聞こえるが、小さな音が聞き取れない」といったように、症状は様々です。

骨伝導イヤホンのメリット・デメリット

骨伝導イヤホンを日常で使う上でのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

骨伝導イヤホンは耳の穴に装着する必要がないので、圧迫感や不快感がなく、長時間使用していても疲れづらいのが特徴です。

また、耳を塞いでいないので周りの環境音を聞き取ることができます。ランニングやサイクルスポーツのシーンで装着していても、周りの声や車の音などを聞き分けることができ、危険を回避することができます。

デメリット

骨伝導イヤホン本体が振動して音を伝えますが、通常のイヤホンと比べ音質に差があります。よりクリアに聞くために音量を上げると音漏れを起こしてしまうので、電車やバスなど人が密集している場所で使用するのには向いていないと言えます。

難聴症状の種類によって骨伝導イヤホンが使用できるのか切り分けることができるので、気になる方は医師に自身の症状を相談し、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

突発性難聴におすすめなサプリメント・漢方5選はこちら

突発性難聴に早めの対処!
おすすめサプリ3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲