突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

突発性難聴に似ている低音障害型感音難聴

低音障害型感音難聴とは

突発性難聴と似た病気のひとつに、「低音障害型感音難聴(ていおんしょうがいがたかんおんなんちょう)」というものがあります。

病名の通り、低音が聞こえにくくなる病気で近年患者数が増加しています。

症状

  • 低音(人の話し声よりも低い周波数の音)が聞こえにくくなる
  • 低音の耳鳴りがする
  • 飛行機に乗ったときに感じるような耳詰まり

突発性難聴との大きな違いは、聞こえにくくなるのが低音、再発する可能性があるという点です。人の話し声なら聞こえているので、難聴の症状には気付きにくいと言えるでしょう。

「なんだかずっと耳が詰まった感じがする」「耳鳴りが治まらない」など、難聴以外の症状から発症していることに気付くケースが多いそうです。

理由ははっきりとしませんが、傾向として20~40代の女性を中心に患者数が増加しています。

この病気で聞こえにくくなる周波数

いわゆる「低音」と言われる周波数は、125Hz(ヘルツ)、250Hz、500Hzです。

女性の話し声が1000Hz、男性の話し声が500Hz程度ですから、声が低めの男性の声は聞こえにくくなる可能性があるでしょう。

原因

低音障害型感音難聴の原因はまだはっきりとわかっていませんが、ストレス、過労、睡眠不足があると発祥しやすいです。そのため、ストレスや過労などが低音障害型感音難聴の原因ではないかという説があります。

耳の中にはリンパ液が入っていますが、ストレスなどによって自律神経の機能が低下すると内耳が障害を起こし、リンパ液が溜まり過ぎてしまいます。そうすると耳の機能が正常に働かなくなり低音が聞こえにくくなるため、低音障害型感音難聴になると考えられています。

治療方法

上記で説明したように、低音障害型感音難聴の原因はリンパ液の流れが悪くなることだと考えられています。そのため、内耳水圧を下げるためにまずは利尿剤を服用するという治療方法が一般的です。それでも効果が弱かった場合には、突発性難聴と同じようにステロイド剤を服用します。他に、突発性難聴で扱う薬と共通のものでビタミンB12製剤やATP製剤を服用することもあります。

低音障害型感音難聴は早期治療によって60%~70%が治ると言われています。

早期治療や再発予防が肝心

低音障害型感音難聴は、会話は普通に聞き取ることができるため発見が遅れることも少なくありません。早期治療で60%~70%が治るので、低い音が聞こえづらくなったと感じたらすぐに耳鼻科で治療を受けるようにしましょう。

早期治療の他、再発の予防も忘れてはいけません。低音障害型感音難聴が治った後、20%~30%の人が再発しているそうです。ストレスや疲労を溜めないように、よく寝てしっかりと休んでください。また、首や肩を温めて身体をほぐすことも効果的です。

突発性難聴に早めの対処!
おすすめサプリ3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲