突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

サプリメントと漢方の違いってなに?

漢方

ステロイドを用いた治療法や鍼治療などが行なわれることが多い突発性難聴。近年ではそれらの治療方法以外にも、突発性難聴の改善効果が期待できる成分を効率よく摂取できるサプリメントや漢方が注目されています。

では、そもそもサプリメントと漢方にはどのような違いがあるのでしょうか。ここではサプリメントと漢方の違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

サプリメントと漢方は何が違う?

サプリメントと漢方の大きな違いは、「食品」か「医薬品」かにあります。

サプリメントは普段の食生活などで不足している栄養素や成分を補う健康補助食品としての役割を担っています。一方、自然界にある植物や鉱物など、さまざまな薬の効果をもたらす素材を使用してつくられた漢方は、症状を予防・改善する医薬品になるのです。

食品であるサプリメントの場合、大量に摂取するなどしない限りほとんど体に影響は見られません。しかし漢方の場合は、「医薬品」のため使用の仕方によっては副作用を起こす恐れがあります。

サプリメントと漢方は用いている素材が同じ場合も多くありますが、その素材の種類や配合量、有効成分の強さなどで異なります。

メリットとデメリット

こちらでは、サプリメントと漢方それぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

  • 漢方
    医薬品である漢方は、すでに体に出ている症状に対して効果を発揮。体の内側からバランスを整えてくれる働きがあります。しかし、漢方は医薬品のため効果が強く、使用する人の体質によっては合う・合わないが出てきます。万が一体質に合わない場合、または間違った飲み方をした場合は副作用が出る恐れもあるので注意が必要です。
  • サプリメント
    サプリメントの大きなメリットは、手軽に必要な栄養を摂取できることにあります。サプリメントでは、不足しがちな栄養や目的に合った成分を粒やカプセルなどで気軽に摂取することが可能。また、食品に含まれている成分を濃縮して体に不足した成分を補うため、副作用が少ないのも特徴です。デメリットでいえば、医薬品と比較すると効果の感じ方にバラつきが出てくる点が挙げられます。また、サプリメントの過剰摂取や、医薬品との組み合わせにも注意が必要です。

突発性難聴に効果があるサプリと漢方の平均価格

突発性難聴にいいとされるサプリは、1か月分5,000円~10,000円程度と開きがあるように見えますが、定期購入や初回購入価格を含めてみると6,000円程度が平均価格です。

漢方薬は症状を直接抑える作用があり、第2類医薬品でもあります。平均価格はサプリよりも高く、1か月1万円程度になります。

サプリは健康食品なので漢方薬と組み合わせて使うことができます。血行を良くして体質を改善し、必要な栄養を身体に取り入れるには、サプリと漢方薬の両方を組み合わせて使うことがおすすめです。

自然のパワーで原因不明の難聴に対抗できるミツバチ系サプリ

ハチミツ系のサプリは5,000円~77,000円、高額なものだと10,000円をこえますが、初回や定期コースで安くなるため、平均相場は7,000円です。

自然の恵みを利用したローヤルゼリーは、その豊富な栄養素で突発性難聴や耳鳴り、頭痛なども改善し、体のだるさを解消、自律神経を整えるなど健康で快適に過ごせる生活をサポートしてくれます。

品質の高さで選ぶなら「伝承ローヤルゼリー」

伝承ローヤルゼリーの内容量は1瓶120球で、1日の摂取目安量は4球です。1瓶の値段は税込み9,880円になりますが、定期コースにすると6,980円、初回なら4,980円で購入できます。

ローヤルゼリーにしか存在しない貴重な成分「デセン酸」の含有率が2%以上の高品質なローヤルゼリーです。

お手軽に摂取したいなら「酵素パワー蜂の子」

山田養蜂場の蜂の子は、ミツバチの幼虫を使ったサプリです。蜂の子は中国や日本で古くから命の源として健康食材にされてきました。山田養蜂場は独自の酵素分解技術で、この蜂の子のタンパク質を摂取しやすくしています。蜂の子は不飽和脂肪酸も豊富です。

さらにギャバやビタミンB2、B12を配合して働きを強化しています。これだけの集大成が、手頃な価格の4,937円で売られているのは、大手のなせる業です。1瓶125球入りで、1日摂取目安量は4粒になります。定期購入すると4,320円で購入できます。

生薬を含む漢方薬系でしっかり耳鳴りやめまいも防ぐ

漢方薬系は頭痛や耳鳴り、めまいによいとされ、中国では昔から医学書に掲載され、日本でも病院で処方されるなどしています。第2類医薬品となっているものもあり、価格はサプリよりも高い傾向がありますが、急を要するのであれば漢方薬がよいでしょう。

胃弱や眼の疾患もあるなら「気上錠」

気上錠は成人で1回5錠、1日服用回数は3回までとされています。450錠分を税込み8,424円で購入でき、1箱は1か月分に相当します。めまいや耳なりに対して利用されますが、結膜炎などの眼科疾患や、胃弱にもよいとされる漢方薬です。成分にはカンゾウ、ケイヒ、ビャクジュツ、ブクリョウ、サンシシ、ニンジンなどが含まれており、その内ニンジンやケイヒは血行を良くしてくれます。

うつ気味、低血圧や冷えの症状もあるなら「半夏白朮天麻湯」

自律神経失調症など、心因性のものからくる症状にいいとされるのが半夏白朮天麻湯です。頭痛にめまい、耳鳴りや吐き気を抑えてくれます。さらに手足の冷えやメニエール症候群の改善にも役立ってくれます。

冷え性、胃腸機能の低下、低血圧などの症状がある人に合う漢方です。含まれている成分はハンゲ、ビャクジュツ、ブクリョウ、タクシャ、テンマ、ニンジン、オウギ、カンキョウ、チンビ、オウバク、バクガ、ショウキョウであり、気上錠と共通する漢方も入っています。

半夏白朮天麻湯は内耳の腫れをとるなど症直接的な症状の改善と、抜本的体質改善が同時に可能です。価格は42包で税込み7,316円です。1箱で2週間分に相当します。

難聴の救世主として名高い「美聴泉」

美聴泉は内容量が90粒で価格が税込み12,960円です。1日3~6粒を目安に飲むので1か月分に相当します。定期購入にすると価格は11,664円です。

イチョウ葉エキスをはじめ、亜鉛酵母、ガラナ、デキストリンなど漢方以外の成分もよく含まれています。名前の通り、聴力系の疾患によいとされています。販売元のサン・クラルテ製薬で売上NO.1を確立する人気商品です。

サプリメントと漢方どっちがいい?

サプリメントと漢方の大きな違いは、「医薬品」か「健康補助食品」にあります。同じ素材を用いてもそれぞれで働きが違い、メリットやデメリットがあることも分かりました。

サプリメントと漢方の違いを理解したうえで、今の自分に合ったほうを選択することが大切です。サプリメントと漢方薬、どちらも効果は見込めますが、「副作用が心配…」という人は、まずサプリメントの服用からはじめてみてはいかがでしょうか。

突発性難聴に早めの対処!
おすすめサプリ3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲