突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

突発性難聴と飲酒の関係とは?  

「ある日突然、片耳が聴こえなくなったり、聴こえにくくなる「突発性難聴」。耳鼻科で突発性難聴と診断された場合、気になることとしては、日常生活や食生活などをどのようにすれば良いのかということです。 突発性難聴にはアルコールが大敵とも言われていますが、具体的にどのように体に影響をするのでしょうか。

突発性難聴とアルコールの関係

突発性難聴の場合、アルコールが直接関わっているというわけではなく、実際には別のところに原因があると考えられています。お酒が好きだからといって誰もが必ず難聴になるというわけではないため、飲酒そのものに原因が隠れているわけではないと考えられます。 突発性難聴のほとんどは、ストレスの蓄積が原因であると言われています。日常生活におけるストレスの蓄積が聴力に影響を及ぼすため、飲酒や喫煙も含めて、普段の生活を見直していくことが改善のポイントとなります。

ただし、突発性難聴を患った場合の飲酒については、念のため「控えるように」と指示をされることがあります。これはアルコールによる血流の促進や薬の効果の低減作用などを鑑みたものであり、アルコールによる副作用を懸念してのアドバイスとなります。

アルコールは、薬によっては効果が促進される危険性もあるため、突発性難聴のための薬はもちろん、それ以外の薬を服用している場合にも注意が必要です。難聴も含め、病気や体のトラブルを薬で治療している間は、体に影響をもたらすアルコールの摂取はなるべく控えるようにしましょう。

突発性難聴の治療について

突発性難聴については、ある日突然片耳だけが聞こえなくなったり、聞こえづらくなるというにくくなるという特徴があります。多くの場合片耳のみの発症となりますが、中には両耳が聴こえにくくなったり、耳鳴りやめまい、耳の詰まりを発症するケースもあります。

人それぞれ症状の出方が異なるため、突発性難聴は原因が完全に解明されているとは言い難く、治療法についてもまだはっきりとは確立されていないのが現状です。 治療中はとにかく安静が第一で、選択薬として用いられるステロイド(副腎皮質ホルモン)や血管拡張薬、血液粘度低下薬、ビタミン薬などを併用しながら治療を進めていきます。

ビタミン薬などはほとんど問題がありませんが、ステロイド剤については他の疾患との兼ね合いなどがあり、使用には細心の注意が必要とされています。 アルコールの摂取はもちろん、糖尿病などの既往症を持つ方は事前に医師と相談のうえで治療を行わなくてはなりません。 突発性難聴の症状が現れた場合は、生活習慣を整えるとともに、なるべく早く耳鼻科を受診するようにしてください。可能なかぎり一週間以内、早ければ早いほど良いとされています。

「お酒を止めれば治るだろう」「年のせいだから仕方がない」と諦めてしまうと、症状が長引くおそれもあります。耳を健康に保つためにも、早期発見・早期治療を心がけることが大切です。 医師によっては、突発性難聴の原因が生活習慣に隠れているとして、運動・食事・睡眠のバランスに注意するようにとのアドバイスをされる場合もあります。仕事や勉強などの負担を減らしながら、食生活や睡眠などの生活習慣にも目を向け、疲れを極力取り除くようにしましょう。

「突発性」という言葉からも分かるように、いつどこでどのようにして難聴の症状が起きるかが予測できないものが、突発性難聴の特徴です。日常生活ではストレスを極力減らすこと、リラックスする時間を持つことが重要です。

突発性難聴に早めの対処!
おすすめサプリ3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲