突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

HOME » 突発性難聴についての正しい知識と治療法 » 突発性難聴に使用される治療方法と副作用

突発性難聴に使用される治療方法と副作用

治療で使用される薬とは?

突発性難聴の治療を行うにあたって、最初に薬を使った治療を始めるのが一般的です。では、処方される薬には、どういった効果や副作用があるのでしょうか。

突発性難聴で使用される薬は、治療を受ける人の年齢、症状や発症してからどれくらい経過しているかによって異なってきます。2~3日以内に治療を始めれば、高確率で改善できますので、早めに診察を受けるようにしましょう。ここでは、主に使用される薬について紹介していきます。

  • ステロイド薬
    突発性難聴の治療で最も使用される薬で、神経の炎症を和らげる作用を多く含んでいるため、炎症を抑えると共に耳鳴りの症状を抑えます。
  • 脳循環改善剤
    血流や代謝を改善するための薬で、脳や内耳に必要となる栄養や酸素が隅々まで届くように、血管を拡張して血液の流れを良くします。
  • ビタミンB12
    ビタミンB12には、末梢神経を正常に整えてくれる作用を持っていますので、内耳の神経の働きをスムーズにし、耳鳴り・難聴・めまいを改善してくれます。

治療に使われる薬の効果について

薬で治療を行えば完治できますが、治療を始めるタイミングや症状によってどこまで改善できるのかが変わってきます。突発性難聴の治療をした患者の3分の1は完治し、3分の1は難聴や耳鳴りが残りますが症状は軽くなり、あとの3分の1は残念ながら治りません。治療を始めるのが遅いと効果を感じなくなりますが、早めに治療を行なうと薬の効果も高く、ほとんどの人が良くなりますので、早めに治療を始めることが大切です。

薬によるアレルギーや副作用

治療に使用される薬にも副作用があり、薬のアレルギーがある場合は事前に医師に報告しましょう。

  • 副作用:ステロイドホルモン剤
    糖尿病や胃潰瘍の人は、血糖値のコントロールや胃膜を守る薬を同時に服用する必要があります。
    自己判断で、薬の服用を止めたり使用する量を変えたりすると、逆に症状が悪化する恐れがあるので注意しましょう。
  • 副作用:脳循環改善剤
    消化器症状として、吐き気や食欲不振、腹痛、下痢などが現れることがあります。倦怠感や食欲不振、発熱などの症状が続くようであれば、直ぐ医師に相談をしましょう。
  • 副作用:ビタミンB12
    処方される薬の種類によって副作用があるものとないものがあり、副作用があるものは胃部不快感や食欲不振、吐き気が起こる場合もあります。時にかゆみ、紅斑といったアレルギー性の過敏症状が現れることもありますので、該当する症状が出たら医師に相談しましょう。

早期治療・専門医へ受診することが大事

耳鳴りやめまいが頻繁に起こり、普段と比べておかしいと感じたら、直ぐに病院で診察を受けましょう。突発性難聴は、治療が遅れれば遅れるほど回復が困難になりますので、理想としては異変に気づいてから48時間以内に治療を始めると完治できます。1週間過ぎてしまうと聴力の改善が困難になり、1か月を過ぎると極めて困難になってしまうので、耳鳴りやめまい、難聴を感じたら早めに治療を始めましょう。

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲