突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

突発性難聴をほっとくとどうなる? 

突発性難聴は、いきなり聴力が下がる「難聴」の一種です。片方の耳について、音が聴こえにくくなったり、両耳の聴力が両方ともに鈍くなったと感じる場合もあります。 突発性難聴は厚生労働省の特定疾患にも数えられており、難病の一つに指定されています。

性別や年齢は関係なく誰でも発症する可能性があり、原因もウイルス性のものからストレスまでさまざまです。 突発性難聴は一時的なものと誤解されやすいのですが、放置することはその後の聴力に大きな影響を及ぼすおそれもあります。今回は、難聴を放置した場合について詳しく見ていきたいと思います。

突発性難聴の放置は二週間が限度

突発性難聴は、治せる期間というものが限られていて、進行速度の速い病気であるとされています。一度発症して完治させると、その後はほとんど同じトラブルにはかからないとされていますが、反対に一ヶ月以上放置すると症状が固定化し、予後が悪くほとんど治らないとも言われています。

自然治癒という考え方もあるようですが、発症した後は基本的に即日、あるいは数日で耳鼻科を受診するようにします。万が一、一週間を超えて二週間~三週間程度放置してしまうと、治療期間を延ばしたぶん治療は困難となります。 聴こえが悪いと感じたらできるだけ数日以内に、どれほど遅くても発症から二週間程度が症状回復の限度と考えてください。

必ず耳鼻科を受診

注意しておきたいこととしては、内科医や小児科などでの診察ではなく、必ず耳鼻科を受診するようにしましょう。 内科や小児科などでは、医師に専門的な知識が不足していたり、検査に必要な設備が整っていない、あるいは薬剤を揃えていないといった問題も起きやすく、耳鼻科でなければ治療が難しいと言われてしまう場合もあります。

治療の手遅れを防ぐためにも、一刻も早い耳鼻科の受診が必要不可欠です。 一ヶ月以内に治療を始めた場合、約3分の1は完治、同じく3分の1はある程度の回復が見込まれると言われています。最低でも二週間以内、できれば一ヶ月以内を目途にして治療を開始するようにしましょう。

突発性難聴は早期発見が大事

突発性難聴の場合、他の耳のトラブルと混同されやすいことも特徴的です。 誰でもちょっとした聴こえの悪さというものはありますし、音楽の聴きすぎで耳が聴こえにくくなることもあります。したがって、急に聞こえなくなったからといってすべてが突発性難聴というわけではありせん。

中には耳垢の詰まりが原因していたり、中耳炎などのトラブルが原因となっていることもあります。しかしいずれにしても専門医での診察が欠かせませんので、「放っておけば治るだろう」という楽観視は禁物です。 突発性難聴の患者さんの特徴としては、過去に耳の病気などを経験していない健康な人であると言われています。健康であるからこそ、「自分に限って難聴になるわけはない」と思い込んでしまう部分もあり、難聴に気付きにくいとされています。

一度治せば二度目の可能性は少なくなりますが、放置することで二度と治らなくなるという厄介な病気が突発性難聴です。 「自然治癒に任せよう」「加齢のせいだから仕方がない」という思い込みも治療開始を遅らせる原因となるため、いつどこで起こってもおかしくないという気持ちでいることが大切です。

突発性難聴に早めの対処!
おすすめサプリ3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲