突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

HOME » 突発性難聴についての正しい知識と治療法 » 突発性難聴って痛みはあるの?

突発性難聴って痛みはあるの?

一般的な頭痛や耳鳴りとは異なり、まれに「耳の奥」に痛みを感じる場合があります。この場合、痛みの原因にはさまざまなトラブルが考えられますが、その中の一つとして突発性難聴があります。 今回はこの突発性難聴における耳の痛みについて、詳しく紹介していきたいと思います。

突発性難聴と耳の痛みの関係

突発性難聴は、ある日突然耳が聴こえにくくなったり、聴こえが著しく悪くなったように感じる病気です。 自分の周りが回っているようなめまい、体が浮くような感じ、嘔吐感、耳奥の痛みなど人によって症状は異なりますが、必ず痛みをともなう病気ではないため、痛みを感じた際には突発性難聴とは別の症状の可能性も。

耳の奥の方に痛みを感じる場合というのは、耳奥にある舌咽神経という神経が圧迫され、刺激を受けて痛む場合や、中耳炎などの炎症による痛みの可能性もあります。 いずれにしても、耳の奥は私たちの目で直接確認することはできませんので、専門医の診察が必要不可欠です。

突発性難聴による耳の痛みには、安静が第一ですが、同時に治療も早期に開始しなければなりません。通院をしながら内服薬や点滴を使用したり、ステロイド剤を使うといった方法もあります。 治療は早ければ早いほど治りが良いとされていて、反対に一ヶ月を超えると予後が悪くなるため、耳の痛みが出たらすぐに耳鼻科を受診するようにしましょう。

突発性難聴以外の病気の可能性も

耳奥の痛みには、「中耳炎」「神経痛」など、突発性難聴以外の原因も考えられます。中耳炎は鼓膜の内側にある中耳に、ウイルスや細菌が侵入して起こる炎症です。 突発性難聴はまだあいまいな部分が多く、症状の原因についてもはっきりとしたことが言えないため、人によって対処法は異なります。

一般的に突発性難聴は中高年期の男女に多い症状と言われており、耳の痛みを引き起こす代表的なトラブルである中耳炎は子どもに多い症状と言われていますので、患者さんの年齢層やライフスタイルなどによってある程度症状を特定することも可能です。しかし、耳の痛みを発症した場合、どの症状にあてはまるかは検査をしてみなければ分かりません。

症状がよくわからない場合はすぐに耳鼻科へ

人間の体は複雑な仕組みになっていますので、少しでも異変を感じたらすぐに安静にしながら、専門医を受診することが大切です。 その際、生活習慣やライフスタイルなどについても問診で尋ねられますので、耳の痛みの原因になりそうな項目を思い出し、正しく医師に伝えるようにしましょう。

突発性難聴の場合、病院に行ったおかげで症状が良くなるケースが圧倒的に多くみられます。症状が発症してから一ヶ月以内に病院へ行くことで、全体の3分の2の患者さんが完治もしくは回復したという報告もされています。 したがって、「ちょっと聴こえが悪いけど大丈夫だろう」といって放置したり、自然治癒に任せたり、自分で耳の中に薬を入れるなどの処置は避けましょう。

また、突発性難聴の予防には「ストレスの軽減」も重要であると言われています。難聴が起きたらすぐに病院を受診しなければなりませんが、同時に日常生活の中でのストレスをうまく解消しながら、リラックスを心掛けることも大切です。

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲