突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

突発性難聴についてのさまざまな数字

患者数や再発の可能性完治率など、突発性難聴に関するさまざまな数値情報を調査してみました。

気になる突発性難聴の完治率と再発率

突発性難聴は、発症後いかに早く受診して適切な治療を受けることができるかで、完治できるかどうかに大きな差が出てきてしまいます。

適切な治療を早期に受けることができれば、かなりの確率で完治するそうですが、発症後1週間、2週間と経ってしまうと、後遺症の残るリスクが増大します。

突発性難聴患者は、平均的に約1/3の人が完治し、1/3の人は回復するが何らかの後遺症が残ってしまい、残りの1/3の人は治ることなく難聴を患い続けることになるそうです。

また、仮に完治したとして、病気の怖いところは、一度治ったと思っても、また再発してしまう可能性があるということだと思います。

しかし、突発性難聴に関しては、基本的に再発の可能性はほとんどありません。というのも、再発しないことが突発性難聴の定義だとも言えるからです。

かといって、一度突発性難聴と診断されたからと言って油断してはいけません。実際には、同じように難聴の症状が出てしまうことがあります。

その場合は、実は突発性難聴ではなく、メニエール病や外リンパ瘻、聴神経腫瘍など別の病気にかかっている可能性が非常に高いです。

音が聞こえにくい、耳鳴りなどの症状が再発したら?

もし、突発性難聴による症状が改善しない、または再発した場合、次のような病にかかっている恐れがあります。

【メニエール病】

詳しい原因は不明ですが、現在では内耳の「内リンパ水腫」ができることで起こるという説が有力視されています。

耳鳴り・難聴・耳の詰まり感のほか、めまいによる症状が特徴です。

メニエール病によるめまいの特徴は、

  • 20分~数時間、継続する
  • 寝ていても座っても回転性のめまいが起き続ける
  • 前触れなく突然起こる

の3つです。発作の感覚は人によって異なり、週に1回起こる人もいれば、年に数回起こるという人もいます。

【外リンパ瘻】

外リンパ瘻は、内耳にある膜が破れることで引き起こされます。飛行機の搭乗やダイビングによる外因性の圧外傷や、鼻をかんだときや重いものを運搬したときの内因性の圧外傷により、この症状が現れることがあります。

症状は耳鳴り・難聴・耳の詰まり感・めまいです。この内、耳鳴りに関しては、「水の流れるような」耳鳴りがするといった特有の症状が現れますが、耳鳴りとめまいによってメニエール病だと勘違いする人も多いです。

メニエール病特有の「内リンパ水腫」が起こっていないかどうかをMRI検査で調べて診断が決まります

【聴神経腫瘍】

聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)とは、後頭部の下部にある、小脳橋角部と呼ばれる部位にできる良性脳腫瘍です。

「良性」と形容されていますが、腫瘍が大きくなることで神経を圧迫し、生活に大きな悪影響を及ぼす疾患が現れます。発症すると難聴・耳鳴り・めまいといったメニエール病に近い症状が現れるほか、顔のしびれ・ものが二重に見える・まっすぐ歩けなくなる・声や表情の異変・食事や水を飲む際にむせる、といった特有の症状も見られます。

CTやMRI検査の他に、聴力検査・平衡感覚の検査・言葉の理解に関する検査などを行い診断が決まります。

突発性難聴の治療後に上記のような症状が見られたら、突発性難聴とは違う病にかかっている可能性があります。医療機関に受診し検査を受けておきましょう。

再発する難聴もある

難聴をもたらす病の中でも、再発しやすいとされているのが「急性低音障害型感音難聴」です。この症状は突発性難聴に比べて治療がしやすく、放置していても自然に治る場合がほとんどです。

しかし、治りやすい反面再発もしやすく、平均1年~1年半の間におよそ20~30%の割合で再発する可能性が高いと言われています。しかし、たとえ再発したとしても、2週間以内に治療を行えば8割の人が治ります。

急性低音障害型感音難聴で最も危惧したいことは、放置によりメニエール病へと移行し症状が進行すること及び治療が難しくなることです。

これを防ぐためには、難聴などの症状が再発した際に、速やかに医療機関で治療を受ける必要があります。

難聴の再発予防のためには、規則正しい生活を心がけること!そして、再発したら早めに受診することが大切です。

メニエール病の発症原因は、まだはっきりと特定されていません。しかし、ストレスが原因で耳の内リンパ水腫が悪化することは知られています。

ストレスと聞くと、”精神的なもの”ととらえる人が多いと思いますが、”肉体的な負荷”もストレスに直結します。睡眠不足や過労、暴飲暴食など、日常生活の中で無自覚に溜め込んでいるストレスは少なくないでしょう。

こうしたストレスの蓄積は、メニエール病を引き起こす要因の1つになります。「最近、あまり笑わなくなった」、「疲れが溜まっているのかどうかも感じなくなった」という方は、精神的な疲れとともに肉体的な負担も減らしていくようにしましょう。そのためには、やはり生活習慣の改善が有効です。

そして、生活習慣を改善していくときのポイントは、”楽しみながら行うこと”です。例えば、部屋を片付けるのがおっくうに感じるときは、

  • 「不要ものをリサイクルショップに持っていき、得たお金で美味しくて体に良いものを食べよう」
  • 「節約と体力アップのために1つ手前の駅で降りて、街の景色を楽しみながら帰ろう」
  • 「2~3日休養を取りゆっくり過ごしながら、ライフスタイルを見直そう」

などです。上手く自分にご褒美を与えてストレスを発散すると同時に、生活習慣も少しずつ変えていきましょう。

メニエール病再発を防ぐために、是非実践してみてください。

意外と多い突発性難聴の患者数

最近耳にすることが多くなった突発性難聴ですが、その受療患者数は年々増加の一途をたどっています。

1987年の調査によると、推定16,750人もの人が突発性難聴にかかっています。それが、1993年になると推定24,000人にまで増えています。

さらに、2001年の調査では、受療患者数が推定35,000人、2014年では40,000人に急増。人口100万人あたりでみると275人もの人が突発性難聴として治療を受けており、増加が顕著にみられますね。

また、以前は50~60歳代の中高年に多い病気でしたが、近頃では若い世代にも多く発症が見られ、性別や年齢により偏りがなくなってきているようです。

突発性難聴に効果的なおすすめサプリメント・漢方5選をチェック

突発性難聴に早めの対処!
おすすめサプリ3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲