突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

治療にかかる期間

実際に突発性難聴に必要な治療期間などについてリサーチしてみました。

突発性難聴に必要な治療期間は?

もし突発性難聴を患ってしまった場合、その治療にはどれくらいの期間が必要となるのでしょうか。

突発性難聴は、発症してから治療を始めるまでの期間が長ければ長いほど完治が難しくなると言われています。

そのため、どのくらいの期間治療すれば治るか、といった疑問に一概に答えることはできません。

とは言え、突発性難聴と診断されると、一般的には1週間~1ヶ月程度の期間をかけて、ステロイドなどの投薬による治療で様子を見ます。

投薬での症状改善がみられない場合は、その間に2週間ほどの入院をして治療に取り組むこともあるそうです。

早期に受診し、適切な治療を受けた場合は、この時点で治ることが多いです。

しかし、ここで症状の改善がみられない場合は、別の方法で1ヶ月~3ヶ月ほどかけて、突発性難聴からの回復を図ります。

ここまでやっても改善がみられない場合は、基本的に病院での治療は終了になってしまうことが多いようです。

あとは、個人で鍼治療サプリメントなどを用いて、症状を緩和していくことになります。

突発性難聴の治療は早ければ早いほど良い

上でも述べている通り、突発性難聴の治療期間がどのくらいかかるのかは、発症してからどれくらいの期間が経っているかによって1週間~数年、数十年と、大幅に変わってきます。

例えば、突発性難聴の発症後約48時間以内に適切な治療を受けることができれば、多くの場合、聴力の回復が見込めます。

しかし、発症から1週間以上経過してしまうと、専門医の治療によってですら、聴力の十分な回復は難しくなってしまいます。

また、発症後1ヶ月以上ものあいだ放置してしまうと、改善の見込みが非常にわずかになってしまいます。

そのため、突発性難聴の兆候が少しでも見られたら、少しくらい大丈夫と思わずに、出来るだけ早めに耳鼻科を受診しましょう。

突発性難聴と症状が似ているメニエール病

突然聴力の低下が起きるのが突発性難聴です。耳の聞こえなくさは人によって差がありますが、片耳だけが聞こえづらくなるのが特徴。国内ではおよそ35,000人がかかっているといわれています(2001年調査)。

この耳が聞こえにくくなる=難聴という症状は、メニエール病という病気の可能性も。メニエール病は難聴にプラスして、めまいを起こすのが特徴です。突発性難聴と同様に原因が完全に解明されていません。

突発性難聴とメニエール病の関係については、「メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド」に記載されています。

【番外編】突発性難聴を予防する方法はあるの?

発症するメカニズムは未だに解明されていない突発性難聴ですが、過度のストレスや睡眠不足、偏った食生活などが一因なのではないかと言われています。中でも注目されている原因の1つが「過度のストレス」です。そのため、突発性難聴を予防する方法があるとすれば、ストレスを抱えないようにすることだと言えます。

小さなストレスが積み重なった結果、突発性難聴という形で体に出る可能性も少なくはありません。ストレスを抱え込みやすいタイプの人は、その日のストレスをその日で発散できる方法をぜひ考えてみてください。

もちろん、正しい生活習慣を送ることも大切です。日々のストレス解消をはじめ、栄養バランスが整った食生活や、6時間以上の十分な睡眠を取ることが、突発性難聴の予防になるかもしれません。

突発性難聴におすすめのサプリメント・漢方5選をチェック

突発性難聴に早めの対処!
おすすめサプリ3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲