突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

HOME » 突発性難聴についての正しい知識と治療法 » 克服するための治療法

克服するための治療法

突発性難聴には、どのような治療法があるのかについて説明します。

突発性難聴の治療にはステロイドや鍼治療が有効?

原因の解明までにはいたっていない突発性難聴ですが、ある程度の医療水準を満たしている病院や医療機関では、ステロイドを使った治療法なども確立されています。

血漿増量剤の点滴と組みあわせた、ステロイドホルモンの漸減療法による治療がそれ。

同時に、ビタミン溶液、ATP製剤溶液なども加えて毎日点滴し、聴力検査と自覚症状で聞こえるかどうかをチェックしていきます。

注意点としては、ステロイドによって血糖値が上昇するため、糖尿病の症状が悪化する可能性があること。ですから、糖尿病やその予備軍の人は血糖値のコントロールをすることが大切です。

妊娠中や授乳中に突発性難聴になってしまった女性も、使用する薬剤によっては母体や胎児に影響を及ぼす場合もあるので、産婦人科医と耳鼻咽喉科医の両方にその旨をしっかりと伝えてください。

しかし、多くのケースでこの治療を7日から10日間ほど点滴を続ければ、よくなっていくようです。

それでも聴力が回復しないときは、難治性の突発性難聴と考えられるでしょう。

その場合は高圧酸素療法や星状神経節ブロックなど、医師に相談しながら適切な処置をうけることとなります。

また、薬などで血液循環を良くしながら、鍼治療で症状の改善を図ることもあります。

突発性難聴の治療でなによりも重要なことは、精度の高い診断をしてもらうことと、早期に適切な治療をしてもらうこと。

「耳がおかしい」と感じたら、すぐに診察を受けることが肝要です。

設備がしっかりと整っている病院や、耳鼻咽喉科の専門医が在籍している病院で診断を受ければ、速やかな対応をしてくれるでしょう。

なぜなら、突発性難聴は発症してから約48時間以内に適切な治療を受ければ、聴力が回復するケースが多いからです。

発症から1週間以上たってしまうと、専門医のもとで治療しても十分に聴力が回復しないケースがあるほか、1ヶ月以上もの長期にわたって放置しておくと、治療困難な状況になってしまうケースもあります。

軽度の難聴だったときや発症前後にめまいをともなっていないときは、回復も早いようです。また、糖尿病や高血圧・高脂血症などの疾患のない人、若い人も早期に改善する傾向があります。

逆にいえば、そうでない人は治りにくい、ともいえるので、日ごろの生活習慣にも気をつけておきたいところです。

仮に、長期間放置してしまって、後遺症のように継続的に痛みを感じるようになってしまった場合は、鍼治療などで痛みを和らげることもできるようです。

いずれにせよ、原因が究明されていない以上、突発性難聴の治療は絶対ではありません

「病院に行ったから必ず治る」「この治療をしたから心配ない」とは言い切れない側面があることを理解して、できるだけ多くの方法にトライし、治癒の可能性を探ってみるのも手でしょう。

普段の生活に組み込める
突発性難聴におすすめのサプリメント・漢方5選はこちら

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲