突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

症状が似ている病気

ここでは、突発性難聴と同じような症状や特徴をもつ耳の病気について紹介します。

突発性難聴に似た病気

メニエール病

突発性難聴と混同されやすい耳の病気としてまずあげられるのが、難病にも指定されているメニエール病。

メニエール病の症状は難聴のほか、発作的な目まいと耳鳴りがほぼ同時に引き起こされ、それが数時間から数日間にわたって続きます。

主な症状は、難聴やめまいなど、突発性難聴とほとんど同じですが、メニエール病は、そういった症状が何度も起こるところが特徴です。一度改善したあとは何事もなかったかのように無症状でも、あるときまた繰り返し症状があらわれるのです。

それは何日後なのか、何か月後なのか、何年後なのかはわかりません。

何度も発作を繰り返しているうちに、高度難聴になってしまう危険性もあります。

メニエール病の原因は十分には解明されていませんが、「内耳のなかにリンパ液が充満し、水ぶくれになってしまうことに起因するのではないか」との説が有力となっています。

薬での治療がメインとなっていますので、なるべく早く治療をうけましょう。

両側性感音難聴

両側性感音難聴は、両耳の難聴が少しずつ悪化していく耳の病気。両耳が難聴におちいってしまうので、突発性難聴よりもやっかいな病気といえるでしょう。

最終的に両耳が難聴となりますが、発症時は片耳からはじまる点に特異性をもっています。

左右対称に聴力が低下すること、高音域障害が多いことも両側性感音難聴の特徴です。

治療法としては、ステロイドホルモンとビタミン薬・血流改善薬などによる方法が主流となっているほか、漢方・鍼灸などが用いられることも。しかし、これといった決定的な治療法は確立されていません。

両側性感音難聴と疑わしいときは、刺激となるような音を避けるだけでなく、味覚的に刺激のある食べ物も避けるようにしてください。

外リンパ瘻

外リンパ瘻とは、耳のなかにある膜・内耳窓が破れることにより、外リンパ液が中耳に漏れてしまうことで難聴となる病気のこと。

突発性難聴の原因ではないか、とも考えられています。

しかし、「外リンパ瘻は突発性難聴にともなう症状」という説もあり、詳しくはよくわかっていません。

外リンパ液漏えいの原因としては、鼻を強くかんだときの衝撃や、トンネル通過時や飛行機の離着陸時などの気圧の変化 、潜水時の水圧の変化などがあげられます。

こうした明確な原因であればそのことを覚えているケースが多いものの、まったく原因に自覚のないケースもあります。

治療法は、薬物の投与・点滴とともに、安静にすることが一般的。

ムンプス難聴

ウイルス感染による難聴のなかでもおろそしいのが、ムンプス難聴でしょう。

罹患してしまうと、多くのケースで聴力が戻ることなく難聴になるといわれる病気。

ムンプスウイルス自体は身近に存在するウイルスで、おたふく風邪や流行性耳下腺炎などを引き起こしているのがムンプスです。

おたふく風邪は、感染後に数週間潜伏してから発熱し、片側もしくは両側の耳の下と耳下腺が腫れる病気。

ムンプス難聴は、そのおたふく風邪を発症してから2週間以内に耳鳴りや目まいなどの症状があらわれます。

腫れた側の耳ではなく、おたふく風邪症状の軽重や腫れた側などとも関係なく発症することが特徴です。

こどもはもちろん注意したいところですが、おたふく風邪はおとなになってからも感染する可能性があり、睾丸炎や不妊症の要因ともなることがあるので、十分に気をつけましょう。

耳の不調に効く
おすすめのサプリメント・漢方5選はこちら

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲