突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

症状が似ている病気

ここでは、突発性難聴と同じような症状や特徴をもつ耳の病気について紹介します。

突発性難聴に似た病気

メニエール病

突発性難聴と混同されやすい耳の病気としてまずあげられるのが、難病にも指定されているメニエール病。

メニエール病の症状は難聴のほか、発作的な目まいと耳鳴りがほぼ同時に引き起こされ、それが数時間から数日間にわたって続きます。

主な症状は、難聴やめまいなど突発性難聴とほとんど同じですが、メニエール病は、そういった症状が何度も起こるところが特徴です。一度改善したあとは何事もなかったかのように無症状でも、あるときまた繰り返し症状があらわれるのです。

それは何日後なのか、何か月後なのか、何年後なのかはわかりません。

何度も発作を繰り返しているうちに、高度難聴になってしまう危険性もあります。

メニエール病の原因は十分には解明されていませんが、「内耳のなかにリンパ液が充満し、水ぶくれになってしまうことに起因するのではないか」との説が有力となっています。

薬での治療がメインとなっていますので、なるべく早く治療をうけましょう。

メニエール病は大きく分けて4種類

メニエール病と診断されても、いくつか種類がありますので、症状によってどのタイプなのかに分けられます。

種類1(蝸牛(かぎゅう)型メニエール病)

めまいの起こらないメニエール病で、低音障害型感音性難聴と同じような症状があります。メニエール病の前段階とも呼ばれていて、そのまま放っておくと高度難聴になってしまう場合もあるので、少しでも違和感があったら直ぐに診察に行ってください。

種類2(前庭(ぜんてい)型メニエール病)

激しいめまいを何度も繰り返すメニエール病。回転性、もしくは動揺性・浮動性めまいを感じることが多く、長く発作が続くのが特徴です。1日に何度も発症するので、強いストレスがかかり自律神経失調症のめまいを発症させてしまう恐れもあります。

種類3(両側性メニエール病)

通常メニエール病は片側のみ症状が出るのですが、両側に症状が現れるこのタイプのメニエール病は、難聴の進行が速いので早期治療が必要となります。突然、回転性のめまいや耳の閉塞感、酷い耳鳴りがするのが特徴です。

種類4(レルモワイエ症候群)

自律神経が乱れ、内耳の血流が悪いことで生じます。めまい・難聴・耳鳴りという3つの症状が交互に訪れるのが特徴です。蝸牛管が最も傷ついてしまうので、最初に耳鳴りや難聴になるといった症状が出てきます。

メニエール病の原因とメカニズムについて

メニエール病の原因は、ストレスや睡眠不足、疲労などといった体調の変化によって、片方または両方に内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)ができます。

内耳には、音を受け取るための細胞が詰まっている「蝸牛」、3次元の空間を認識するリンパの集合部分である「三半規管」と頭や体の傾きを感知する「耳石器」があり、これらのどこが水膨れになるかで症状が異なるのです。

蝸牛に内リンパ水腫ができると、めまいは感じないが難聴を感じます。水膨れが弱い場合は、難聴を感じずに「耳が詰まった感じ」や「耳鳴り」、「音が響く感じ」を感じることもあるようです。三半規管と耳石器の場合、難聴や耳が詰まった感じはなく、めまいのみ自覚します。個人差によってもめまいの強さは違っていて、グルグルと視界全体が激しく回転するものから、雲の上を歩いているようなフワフワした感覚があるものまで様々です。

メニエール病の検査方法

メニエール病の検査方法は、一般的に以下の検査が行われます。

検査1:CT検査

頭の部分をCT検査し、内部に異常がないかを調べる

検査2:平衡機能検査

めまいがある場合は、原因やめまいの強さを調べる

検査3:聴力検査

自分では気がつかない聴力低下の検査を実施

検査4:内リンパ水腫推定検査

内リンパ水腫がないか存在を推定する為の検査を実施

検査5:MRI検査(核磁気共鳴検査、画像検査)

脳の内部をいろんな角度から診断ができるように、脳の断面図を撮影

治療法の種類について

症状の度合いによって栄養療法や薬で症状を改善することができますが、状態が深刻な場合は手術をする可能性もありますので、治療方法については担当医師としっかり相談しましょう。

治療法1:薬物療法

発作の症状を和らげる為に抗めまい薬、自律神経調整薬、血流改善薬などを使いますが、この治療方法は、急性期と慢性期に使用されることが多い。

治療法2:手術

症状に合わせて、内リンパ嚢に穴をあけてリンパ圧を減圧する手術と、聴覚の神経を傷つけないで前庭神経のみを切断する手術のどちらかを実施。

療法3:栄養療法

ビタミンやアミノ酸、食物繊維などの栄養素を摂取することで自律神経の調子を整えていく療法。

治療法4:漢方

体に溜まった水毒や悪血と呼ばれる症状を改善する薬を使うことが多い。

両側性感音難聴

両側性感音難聴は、両耳の難聴が少しずつ悪化していく耳の病気。両耳が難聴におちいってしまうので、突発性難聴よりもやっかいな病気といえるでしょう。

最終的に両耳が難聴となりますが、発症時は片耳からはじまる点に特異性をもっています。

左右対称に聴力が低下すること、高音域障害が多いことも両側性感音難聴の特徴です。

治療法としては、ステロイドホルモンとビタミン薬・血流改善薬などによる方法が主流となっているほか、漢方・鍼灸などが用いられることも。しかし、これといった決定的な治療法は確立されていません。

両側性感音難聴と疑わしいときは、刺激となるような音を避けるだけでなく、味覚的に刺激のある食べ物も避けるようにしてください。

外リンパ瘻(がいりんぱろう)

外リンパ瘻とは、耳のなかにある膜・内耳窓が破れることにより、外リンパ液が中耳に漏れてしまうことで難聴となる病気のこと。

突発性難聴の原因ではないか、とも考えられています。

しかし、「外リンパ瘻は突発性難聴にともなう症状」という説もあり、詳しくはよくわかっていません。

外リンパ液漏えいの原因としては、鼻を強くかんだときの衝撃や、トンネル通過時や飛行機の離着陸時などの気圧の変化、潜水時の水圧の変化などがあげられます。

こうした明確な原因であればそのことを覚えているケースが多いものの、まったく原因に自覚のないケースもあります。

治療法は、薬物の投与・点滴とともに、安静にすることが一般的。

ムンプス難聴

ウイルス感染による難聴のなかでもおろそしいのが、ムンプス難聴でしょう。

罹患してしまうと、多くのケースで聴力が戻ることなく難聴になるといわれる病気。

ムンプスウイルス自体は身近に存在するウイルスで、おたふく風邪や流行性耳下腺炎などを引き起こしているのがムンプスです。

おたふく風邪は、感染後に数週間潜伏してから発熱し、片側もしくは両側の耳の下と耳下腺が腫れる病気。

ムンプス難聴は、そのおたふく風邪を発症してから2週間以内に耳鳴りや目まいなどの症状があらわれます。

腫れた側の耳ではなく、おたふく風邪症状の軽重や腫れた側などとも関係なく発症することが特徴です。

子どもはもちろん注意したいところですが、おたふく風邪は大人になってからも感染する可能性があり、睾丸炎や不妊症の要因ともなることがあるので、十分に気をつけましょう。

耳の不調に効く
おすすめのサプリメント・漢方5選はこちら

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲