突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

HOME » 突発性難聴についての正しい知識と治療法 » どのような病気なのか

どのような病気なのか

押さえておきたい突発性難聴の正しい知識のうち、まずはどのような病気であるのかについて解説します。

ある日突然、耳が聞こえにくく…突発性難聴

突発性難聴とは、突如として耳の聴力が低下し、音や言葉が聞き取りづらくなってしまう病気

耳の病気を患ったことのない、もともと健康な耳をもっていた人が、ある瞬間から原因もわからずに陥ってしまう点に特徴があります。

以前はおもに50歳代から60歳代の方に患う方が多くみられましたが、最近では10代から20代などの若い世代からも幅広く発症しており、罹患に男女の性別差はありません。若者の突発性難聴が増加した背景には、スマートフォンからヘッドフォンを使って気軽に音楽が聴けるようになった環境がある、とも言われています。

近年、突発性難聴の患者数は徐々に増えてきており、1993年の全国推定受療者数は年間24,000人(出典:厚生省(現厚生労働省)「全国年間受療者数推計」)だったのに対し、2001年には年間35,000人(出典:同)と10年足らずの間に1.5倍弱も膨れ上がってきています。

さらに、その数は年々増加しており、2014年の時点で年間40,000人を超えています。

確実に患者数が増えてきつつある病気でありながらも、難聴のなかでも原因が特定できないものを突発性難聴に分類しているように、その原因はまだ解明されていません

主症状としては、仕事や家事などをしていて突如として難聴になる、朝起きてみると就寝中に難聴になっていたなど、病名が示すとおり何の前触れもなく難聴にみまわれます。

副症状としては、難聴発症前後のめまい、耳鳴り、吐き気・おう吐などを引き起こすこともあります。

また、適切な治療後に症状が回復するときに、発症したとき同様に急激に改善することが多いのも突発性難聴の特徴。

しかし、原因が解明されていないこともあり、治療法によっては徐々に改善していくケースもあれば、なかなか改善しないケースも。

そうしたケースでの要因としては、「発症後2週間以上経過している」「発症したときの平均聴力レベルが90dB以上の高度難聴」「回転性めまいをともなっている」「高齢者の罹患」などがあげられるようです。

ですが、突発性難聴は、一度発症すれば再発しないこともわかっています。

もし、突発性難聴の治癒後に「再発した」と感じたのなら、それはメニエール病や外リンパ瘻、聴神経腫瘍などの病気にかかっていると考えたほうがよいでしょう。

耳が聞こえづらくなったら…
突発性難聴におすすめのサプリメント・漢方5選はこちら

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲