突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

漢方薬の成分

突発性難聴の治療には、体の内側からバランスを整えてくれる漢方薬が用いられる場合もあります。ここでは、症状の緩和に効果的な漢方薬と、具体的な内容を紹介します。

耳鳴りなどの症状に総合的なアプローチをする漢方薬の成分

漢方は、体全体の機能を整えるために使われています。全身のバランスや体の調子が良くなると、治癒力が回復し様々な症状が改善されるという「東洋医学」の考え方からきています。

原因不明といわれている突発性難聴の症状も、漢方薬を取り入れることで和らげられることがあります。漢方薬は特に耳鳴りに非常に効果的に働くものなのです。

以下に、漢方薬に含まれる成分の中で特に突発性難聴に効果があるものをまとめてみました。

  • 半夏(ハンゲ)
    胃が弱く、食が細い方に処方される漢方薬。健胃(胃を強くする)効果があり、咳止めや去痰などの効果があります。
    難聴に対しては自律神経失調症による耳鳴りやめまいの改善などに効果を与えてくれます。
  • 白朮(ビャクジュツ)
    正気を補うといわれている生薬で、ダイエットなど食欲抑制にも効果がある漢方薬として知られています。
    難聴に対しては、半夏と組み合わせて(半夏白朮)使用することで、回転性のめまいに効果があるとされており、難聴にともなうめまいやふらつきなどを改善する効果が期待できます。
  • 天麻(テンマ)
    体の中を温め、熱を取り除いてくれる漢方です。頭痛やめまいなどの症状に効果があるとされ、鎮静作用があるため、難聴によるめまいにも効果があります。
    半夏、白朮と合わせて「半夏白朮天麻」という漢方薬としても処方されています。
  • 茯苓(ブクリョウ)
    高い利尿作用が期待できる漢方薬で、体の中に溜まった毒素を体外に排出する効果があります。薬のめぐりを良くするという効果も増強する作用が大いに期待できるほか、女性ホルモンの変調による精神神経症状にも効果があります。
    難聴に対しては、ホルモンバランスの乱れによるストレスからくる難聴症状の改善に効果が期待できます。
  • 蒼朮(ソウジュツ)
    蒼朮には胃や腸の機能を改善し、同時に体内に溜まった水分を外に排出する利尿作用も期待できます。水分代謝障害や解熱効果があり、発熱の改善にも役立ちます。
    体内のめぐりを良くするので、突発性難聴にともなうめまいの症状にも効果があると考えられています。
  • 陳皮(チンピ)
    陳皮は中国を原産とするミカンの皮に含まれている成分で、胃もたれなどの改善や食欲増進、消化の促進などに役立ちます。
    難聴の症状に対しては、神経痛などの改善に効果があるため、突発性難聴にともなう神経のトラブルに対して改善効果が期待できます。半夏などと組み合わせて処方するとより効果的です。
  • 桂皮(ケイヒ)
    桂皮は別名「シナモン」と呼ばれ、スパイスとして、あるいは漢方として体を温める作用があります。
    難聴に対しては、体内の血行を促進するため、耳の不快感を改善する効果が期待できます。
  • 柴胡剤(サイコザイ)
    柴胡剤は柴胡と黄ごん(オウゴン)の2種類を主薬とする処方群のことで、耳の中に化膿が出てきて聴こえが悪くなる症状に使用されます。
    柴胡剤の中にもいくつかの種類があり、大柴胡湯・小柴胡湯・柴胡桂枝湯など体力によってそれぞれ適した処方がありますので、難聴の改善に対しては、体調に応じて処方してもらうことが大切です。
  • 八味地黄丸(ハチミジオウガン)
    八味地黄丸には疲労感の改善や四肢の冷え性の改善など、体のめぐりを良くする作用があります。そのため、耳鳴りやめまいなどの疲れや冷えからくる症状に効果的です。

以上のように、漢方の生薬にはそれぞれ特有の効果があり、複数を組み合わせて処方群とすることで、難聴に対する改善効果や難聴を引き起こしている原因にアプローチすることができます。

突発性難聴におすすめなサプリメント・漢方5選はこちら

漢方薬について

漢方薬と生薬を混同してしまう人もいますが、この2つはまったく別のものです。植物や鉱物など自然界には薬のような効果を持ったものがあります。これらに適切な加工を施し、有効な成分だけを取り出したものが生薬です。一方、漢方薬というのはこの生薬をいくつか組み合わせて独自配合された薬を指します。長い年月をかけて効果などが確かめられ、体系化されました。医学的にしっかりと効果が認められています。

その他、漢方薬と似たものに民間薬というものがあります。自然界にある成分を使って病気やケガを治すという点では同じですが、民間薬は生活の知恵として扱われてきたもので、効果に医学的な根拠はありません。また、主に一種類の薬草のみで作られているという点も違います。

ちなみに、サプリメントは薬ではなく食品という扱いで、不足した栄養素を補うために摂取します。

漢方薬を飲む際の注意点

サプリメントとは違って漢方薬は薬のため、飲む際にはいくつかの注意点があります。服用する前にしっかり確認しましょう。

  • 併用する薬に注意する
    漢方薬は生薬から作られていますが、れっきとした薬です。自己判断で他の薬と併用すると、効果を妨げることがあります。突発性難聴の治療などで服用している薬がある場合は、漢方薬を飲んでも大丈夫か医師に相談してください。
  • 飲み方を間違えないように注意する
    漢方薬の味が苦手な人は、苦味などを和らげようとお茶、ジュース、牛乳などと一緒に飲もうと考えるかもしれません。しかし、そうしたもので飲むと吸収が悪くなり効き目が弱まるので避けてください。
    その他、漢方薬の種類によっては間違った飲み方をすることで副作用が出てしまうこともあります。必ず水やお湯で飲みましょう。
  • 適切なタイミングを守る
    漢方薬を飲むタイミングは、基本的には食前や食間です。空腹時に飲むことで吸収がよくなります。また、空腹時に飲むのは効き目が強い成分の効果を穏やかにするという目的もあります。ただし、胃腸が弱い人などの場合食後に飲むよう指示されることもあるので、指示されたタイミングで飲むようにしましょう。

漢方薬の味が苦手なら~飲みやすくする方法をご紹介~

種類によってさまざまな効果を持つ漢方薬。突発性難聴に有効な成分を確認して、漢方薬を有効活用しましょう。しかし、突発性難聴を改善するために漢方薬を飲みたくても味が苦手で手を出しづらいという人もいるかもしれません。そんな人のために、漢方薬を飲みやすくする上手な飲み方を紹介します。

  • 溶かして飲む
    舌に直接漢方薬が触れると味を強く感じますが、液体に溶かして飲むことで匂いや味を和らげることができます。
    大さじ1杯のお湯(80度以上)に漢方薬を入れてかき混ぜてよく溶かした後、適度な温度になったら飲んでください。氷を入れているとすぐに温度を下げることができます。
  • 味をごまかす
    お茶や牛乳などの液体で味をごまかすことは避けた方が良いのですが、粉末なら混ぜても問題ありません。抹茶、コーヒー、ココアといった苦味がある粉末なら味をうまくごまかすことができます。
    大さじ1杯のお湯(80度以上)に抹茶などの粉末と漢方薬を入れた後、よくかき混ぜて飲んでください。やけどしないように、氷を入れるか適温になるまで待ちましょう。
  • オブラートで包む
    オブラートで漢方薬を包むと舌に直接触れることがないため、苦味を感じずに飲むことができます。オブラートを使うときのポイントは、水分を含ませてゼリー状にするということです。乾燥したままの状態では舌に貼り付き破れてしまいます。
    コップに底から2cm程度の高さまで水を入れ、その中に漢方薬を包んだオブラートを入れます。2分ほど過ぎるとゼリー状になるので、水と一緒に飲んでください。

漢方薬を飲んでみたいけれど味が苦手だという人は、上記の方法を試してみましょう。

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲