突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

HOME » 突発性難聴の専門医がいる病院を利用しよう

突発性難聴の専門医がいる病院を利用しよう

突発性難聴の専門医がいる病院を利用しよう

なぜ、“専門医”なのかと言えば、専門の分野に対して知識・治療実績が豊富であるから。

特に、はっきりとした原因が解明されていない突発性難聴であれば、知識や治療経験が豊富な専門医に頼るのがよいでしょう。

ここでは、日本耳鼻咽喉科学会認定の耳鼻咽喉科専門医と、所属病院を紹介していきます。

専門医:石井 正則 医師

1980(S55)年 東京慈恵会医科大学卒業。現在、JCHO東京新宿メディカルセンターにて主任部長を務められています。神経耳科、心療耳鼻咽喉科などを専門とし、テレビを始めとするメディアにも多数出演。人気の専門医であり、初診の診療は現在2年待ちです。

「耳鳴り、難聴、めまいの診断法や治療法は年々進歩しています。わからなかった原因が分かったり、効果的な治療法が見つかったりするかもしれません。諦めずに治療しましょう」(石井正則医師)

引用元:ドクターズガイド
http://dr-guide.net/www/石井正則/

所属病院

■JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター

所在地 :〒162-8543 東京都新宿区津久戸町5丁目1

問い合わせ:03−3269−8111(代表)

休診日 :土曜、日曜、祝日、年末年始

  診療受付時間
平日 午前8時30分〜午前11時30分
※診療開始午前9時〜

専門医:伊藤 健 医師

昭和63年 東京大卒業。現在、帝京大学医学部附属病院にて科長/主任教授を務めています。耳科学、聴覚医学を専門とし、耳科手術が得意。中耳手術は現在3ヶ月待ちほどだそうです。

「人工内耳・中耳に関しては、専門外来を設けました。高度難聴で補聴器が使用できない成人や小児に対し、各種聴力検査および、側頭骨CTなど画像診断の結果を見て、人工内耳手術の適応を決定しています。手術だけは対応できない療育が必要となる小児の場合は、言語聴覚士による言語能力の評価や療育環境の相談もしています。そして突発性難聴に対しては、各種検査を十分におこなったのち、おもにステロイド投与などのスタンダードな治療をしております」(伊藤医師)

引用元:ドクターズガイド
http://dr-guide.net/www/伊藤健/

所属病院

■帝京大学医学部附属病院

所在地 :〒173-8606 東京都板橋区加賀2-11-1

問い合わせ:03-3964-1211(代表)

休診日 :日曜日、祝日、創立記念日 (6月29日)、年末年始 (12月29日~1月3日)

    平日 土曜日
初診 予約あり 8:30~14:30 8:30~11:30
予約なし 8:30~11:30
13:00~14:30
再診 予約あり 7:45~16:00 7:45~11:30
予約なし 7:45~11:30
13:00~14:30

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲