突発性難聴に悩む人のための 対処マニュアル

難聴・耳なり・めまい・吐き気・頭痛…突発性難聴の症状を克服するために

難聴

突発性難聴を罹患することで引き起こされる症状のうち、難聴について説明します。

実は単純ではない難聴の症状

「突発性難聴」というくらいですから、そのもっとも大きな症状は難聴です。

難聴といっても、その種類には伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴があります。

このうち、突発性難聴の難聴は感音性によるもの。蝸牛内の有毛細胞や神経末端の損傷、内耳もしくは神経経路に難聴となる原因があります。

感音性難聴の特徴は、外耳・中耳からは音が伝わる半面、内耳では音の伝達がうまくいかずに音が認識しにくくなる点です。

これに対し、伝音性難聴は外耳や中耳からの音が伝わりにくくなる難聴で、混同性難聴は伝音性と感音性の両方の症状をもった難聴。

個人差もありますが、突発性難聴による難聴を患った人は、肩こり、腰痛、眼精疲労、目まい、腰痛、臀部・下肢の痛みなども同時に感じているようです。

こうした症状も引き起こしてしまう突発性難聴の要因は、精神面も影響していると考えられます。

たとえば、40代で突発性難聴を罹患した男性のケース。

罹患・発症後にテロイド剤投与をうけて聴力は回復したが、左耳に若干の耳鳴りがのこったそうです。その後は鍼治療を月2回のペースで受けていると耳鳴りは弱まって、一時的に回復。

しかし、そんななか地方に転勤になったことなどでストレスが増え、耳鳴りが悪化してしまっただけでなく、目の疲れがひどいときには目まいもともなってしまうそうです。

また、難聴には低い音(500ヘルツ以下の低周波)が聞こえない低音難聴と、高い音が聞こえない高音難聴があります。

とくに30代の女性に多いそうですが、「高い音は聞こえるけど、低い音は聞こえにくい」と病院へ行ったみたら、突発性低音難聴と診断されるケースも少なくありません。心因性のものが多いのだとか。

通常の会話では違和感をあまり感じなくても、音楽などを聴いていてベース音などの低音を感じにくくなったら要注意です。

一方、高音難聴は加齢による老人性難聴と同じように、2,000ヘルツ以上の高音域が聞き取りにくくなる難聴。

高音が聞こえなくなるは感音性難聴、低音が聞こえなくなるのは伝音性難聴の影響といわれており、感音性難聴である突発性難聴は高音が聞こえにくくなる特性があります。

難聴に効果的な成分はどれ?
突発性難聴におすすめのサプリメント・漢方5選はこちら

【成分別】おすすめ
サプリメント3選

酵素

もろみ酵素
さらさらケア

もろみ酵素さらさらケア

引用元:もろみ酵素さらさらケア

公式HP http://www.moromi-koso.com/form/

4,880円(税込)

ローヤルゼリー

伝承
ローヤルゼリー

伝承ローヤルゼリー

引用元:楽天市場 伝承ローヤルゼリー

http://item.rakuten.co.jp/mitsubachi-road/f189/

9,880円(税込)

蜂の子

山田養蜂場の
蜂の子

山田養蜂場の蜂の子

引用元:山田養蜂場 公式HP

https://www.3838.com/spo/input/k012/

4,937円(税込)

 
このページの上部へ ▲